忍者ブログ
駄文書きねむと『ろびぃ』が黒歴史を量産したししなかったりな感じのブログ 詩的な何かとかSS的な何かを配信したり
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ぼくね、あんまりべんきょうできないけど、おかあさんのおてつだいはいっぱいするんだよ!」
少年は自慢げに胸を張りながらそう言った。
「ええっとね、おかいものにいったり、おさらをあらったり、おふろをそうじしたりするんだ、そうするといつもおかあさんがほめてくれるの!」
よほど「おかあさん」が好きなのか、少年はずっと「おかあさん」に褒められた話ばかりをしていた。
「おかあさんがね、いつもつかれたかおしててもぼくがいいこにしてると、あなたはききわけのいいこね、っていってわらってくれるんだ!だからね、ぼくはおかあさんのいうことをぜったいにきくんだ!」
嬉しそうに、無邪気な笑顔を見せながら、少年は真相を語り始める。
「あのひもね、おかあさん…あのおじさんにぶたれてたの。あのおじさん、いっつもおかあさんをぶつんだよ?」
おじさん、と言うのは少年の母親が再婚した相手の事らしい。彼は頑なに義父を父とは認めようとはしなかったのだと、調書には書かれている。
「それでね、おかあさん、あのひにね、もういっそのこと、ころしてって、そういってたんだ」
そう、そして
「だからね、ぼくおかあさんのことをころしたの!」
先程と同じように、まるで自慢するかのように、無邪気な笑顔を見せる。
「でもおかあさんほめてくれないんだ、ずーっとほめてくれるのまってたのに…おじさんもころしたんだよ?それなのに…」
少年の顔が初めて曇る。大好きな「おかあさん」にほめてもらえなかったのが、悲しいのだろう。
でも少年は二度と「おかあさん」にほめてもらうことは出来ない、きっとそれは理解していないし理解をしようとしないだろう。
「ねえ、おじさんは…ぼくのことほめてくれる?」
上目遣いに、こちらをじっと見つめてくる。その無垢な、あまりにも純粋な目に、私は目を逸らす事もできず。
ただ、しばらく見詰め合った後、私は小さな部屋から去った。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
眠兎 『ろびぃ』
性別:
非公開
趣味:
ゲームとか漫画とか
自己紹介:
駄文書き
プロフィールとか特に書くこともないのでミクシィでも見てください
サークル:Lost&Found(活動停止)、友人の本にたまにゲストしてたり
最新コメント
[10/31 ライ]
[08/24 黒須]
[07/11 セラ]
[07/02 こはくいろ]
[05/31 しょっく]
最新記事
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © 永眠廃墟 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]